インスタ映えは免罪符!?

ノビタキ♂(野鶲)

【スズメ目ヒタキ科】

 2回続けてのノビタキ、今回登場のオスをバードウォッチャーは「のび太」などと親しみを込めて呼んでいる。

f:id:Tpong:20190918213827j:plain

 頭部や目の周辺が黒い鳥は撮り手泣かせだ。よほど光線状態に恵まれないと目が判らなくなってしまう。オナガシジュウカラほどではないにせよノビタキのオスも例外ではない。人間だってサングラスで目を隠してしまうと表情が読み取れないが、鳥にも同じことが言えそうだ。

f:id:Tpong:20190918213836j:plain

 ノビタキは雌雄それぞれが夏と冬で衣替えをするのだが、秋の渡りシーズンの彼らは衣替えを終えて冬羽を纏っている。長年彼らの夏羽を見たいと思っているのだが、どういうわけか春の渡りは足早すぎて出逢えたためしがない。来年初夏は是非とも高原で繁殖に勤しむ彼らと会ってきたいと考えている。

- 撮影データ:Canon IXY210F / Kowa TSN-824M + TSE-14WE(32x)

ノビタキ(野鶲)の過去記事を読む


インスタ映え」のゆくえ

 アサヒカメラ9月号の記事が話題になっている。 

アサヒカメラ 2019年 09 月号 [雑誌]

アサヒカメラ 2019年 09 月号 [雑誌]

 

「風景写真があぶない! レタッチしすぎの罠」という見出しで昨今の不自然なほどレタッチした風景写真を批判した内容なのだが、要は「インスタ映え」に警鐘を鳴らす内容となっている。 

 最近Instagramを始めたヒゲボウズにはとてもタイムリーな内容で、世間の賛否を含め興味深く読んでみた。

 まぁこんな論議は煎じ詰めれば個人の好みで賛成も反対もないのだが、写真を字義通りカメラを用い「事象を写実」する手段と考えるか、絵画やイラストと同じ平面構成として、絵筆やグラフィックソフトと同列またはデータソースとしてカメラを使うかの違いだと思う。

 ただし、後者の場合は一歩間違えると嘘をつくことになってしまう。つまり虚構あるいは表現手段であるとの前提がないと誤解を生むこともあるわけだ。

 ここまで書いて思い至った。「インスタ映え」というワードは多少の虚構は許してくださいという免罪符の機能を持っているのかもしれない。そう考えると少しだけ微笑ましく感じてくるから不思議だ。

 

 ところで、四半世紀ぶりにカメラ雑誌を買った。改めて読んでみると写真誌なのかカメラ誌なのかよく分からない。この辺りの不明瞭がどうにも歯がゆいのは歳のせいだろうか。

夏鳥たちのエクソダス

ノビタキ♀(野鶲)

【スズメ目ヒタキ科】

 9月から10月は山や高原で繁殖を終えた夏鳥たちにとって渡りの季節。ツバメは特定の場所に集結して集団で旅立つが、小型のヒタキなどは三々五々といった様子で去って行く。ほとんどは東南アジア方面への渡りだが、その初期の過程では平野部を抜けていくこととなる。

 平野部に住まうバードウォッチャーは俄然色めき立つことになるし、不肖ヒゲボウズもその例外ではいられない。とは言え悲しいかな貧乏暇無しを絵に描いたような日常。たまの休日が所用や悪天候で潰れると膝を抱えたような気分で過ごすこととなる。

f:id:Tpong:20190916202556j:plain

 さて高原で繁殖を終えたノビタキ。平野部の稲刈りが終わったころ、長旅に向けて虫を食みつつ通過していく。日干し稲穂やススキ野原はそうした旅の中継点として都合がよいらしく、そういった彼らの好む条件を理解してしまえば案外見つけ易い鳥種でもある。

f:id:Tpong:20190916202604j:plain

 稲藁干しの為にパイプが組まれていたが、数メートルの間隔は比較的ピントが深いデジスコにとっても離れすぎている。隣のパイプにいるボケボケの鳥はスズメ。

 だがこんなショットでもノビタキがスズメより小ぶりらしいことは見て取れる。Wikipediaで確認したところ、1~2センチほどの差があるようだ。

 夏鳥の南下と渡洋は文字通りエクソダスではあるけれど、来年初夏の帰還も約束されていなければならない。旅の過程で遭遇するであろう台風や猛禽類などを上手くやり過ごし、「約束の地」に戻ってくること念じて止まない。

 

- 撮影データ:CASIO EX-Z850 / Kowa TSN-824M + TSE-14WE(32x)

ノビタキ(野鶲)の過去記事を読む

夜空も一気に秋めく

Harvest Moon 概ね満月(月齢15.044)

 昨日も書いたけど、ジャストの満月は13時台だったので、日本や同じような経度の地域からは少々欠けた状態を拝むことになってしまう。などと思いつつも曇った日中を過ごすうちに満月のことなど忘れてしまっていた。

 20時過ぎにベランダに出てみると、今にも雲間に消えそうな満月が。大慌てで撮ってはみたけれど、大気の状態が悪く輪郭がガタガタ。月面が今ひとつ甘い印象なのはこの状況では仕方が無い。

f:id:Tpong:20190914214936j:plain

 7時間のズレは右上付近の欠け具合に現れている。順光すぎて月面に陰影が乏しい満月は輪郭こそ醍醐味なのだが、考えてみればベストな状況などそうそう得られるものではなかったっけ。

 そういえば英語圏では9月の満月をHarvest Moonと呼ぶそうだ。Harvest(ハーヴェスト)は収穫の意なので文字通り収穫を感謝する呼称なのだろう。スーパームーンだのと言った小洒落た横文字が大好きなメディアが取りあげないのは十五夜と被りすぎるからだろうか。

 

- 撮影データ:Canon PowerShot G9 X Mark II / Kowa TSN-824M + TSE-14WE(32x)

芋名月

名月は雲間を照らす

  朔(新月)から数えて十五番目の夜が満月とは限らない。今宵は満月ひとつ前の小望月。より正確を期すなら明日の13:33頃が満月ピークなので、明晩の月の出あたりが最も丸い月となる。

 何年かぶりで東を昇る名月を撮ろうと朝から仕事車に機材を積んで出かけたが、帰宅時間は雲に閉ざされ空振りとなってしまった。雲間越しながらお月見が可能となったのは20時頃のこと。結局はいつものように自宅ベランダからの撮影。

 なんだか面白みに欠けるけど、月と雲の妙は運次第。それに名月が名月たり得るのは地平の風景と組み合わせてこそとも思える。来月の十三夜(栗名月)で捲土重来といきたいところだ。

f:id:Tpong:20190913215444j:plain

 雲がある限りは遍く照らしはしないけど、未だライフラインの不自由を強いられている台風被災地域には月明かりが届いているのだろうか。ヒゲボウズの職域でも復旧に絡んだ動きが始まった。要請があるかどうかは判らないが、気持ちの準備だけはしておこう。

久々の台風に右往左往

台風15号接近

 家族の送迎にクルマを出そうとしたところ、突然の日照り雨。台風前にキツネのお嬢さんは嫁に行くのかなどと馬鹿なことを考えていたら、一瞬の後にはバケツをひっくり返したような土砂降りとなった。せいぜい10分程のことだったが、台風からの風に押された積乱雲が通過したようだ。

 繁華街を覗いてみると、予報を見たとは思えぬ軽装が目立つ。関東直撃なら久々だと思うのだが、相変わらず首都圏の人々は天象を軽んじている節がある。日没後、隣接区域では避難勧告が出ている中で花火を打ち上げているし、正直訳が分からない。

f:id:Tpong:20190908231506j:plain

 雨の降り始め。面白い光景だったのでiPhoneでパシャリ。この辺りのピントの深さは絶妙だ。と思ったのも束の間、土砂降りとなったのは前述通り。


 今夜は風雨の音が寝物語となりそうだ。願わくは被害のない朝でありますように。


Instagramの野鳥写真

 始めてみて判ったのはポストされた日本の野鳥写真、その過半数カワセミだということ。海外の野鳥写真でもカワセミの仲間は一定以上の人気があるようだが、日本のそれは異常に映る。最初はあまり意識することなく同好の野鳥写真をポストする方々をフォローしていたのだが、Instagramを開く度にいつか見たことがあるようなカワセミカットばかり表示されてしまう。食傷気味とはこのことかもしれない。 

追記(9/9):一種類の鳥を大勢の人が撮れば、場所や時間が違っていても自ずと似通った写真が生まれてしまうという意味で記している。コメント欄でも触れたが、Instagramでのタグ検索、#野鳥 90万件 に対し #カワセミ 16.3万件 カワセミへの異常なほどの偏りを現していると考えられる。個々人ではなく日本の「野鳥写真愛好者」総体の傾向としてカワセミへの偏向ぶりがヒゲボウズの食傷を引き起こしている。

チョウゲンボウのアーバンライフ

チョウゲンボウ(長元坊)

ハヤブサハヤブサ科】

 周囲の勧めもあり、少し前からInstagramを始めている。

 当ブログとシンクロ出来ればよいのだが、実際は過去ログから漁ることがほとんど。多少は変化を付けたいと過去画像をHDから浚うことになるのだが、今日の二枚は当時Hatenaダイヤリーで撮影直後の掲載から省いた没カット。改めて見直すと、こちらの方が良かったかもなどと思ったりしている。

f:id:Tpong:20190905222330j:plain

 高速道路の高架入路に造っていた巣。撮影当時は巣材を運ぶ様子も見られたのだが、結局は放棄した。

 本来チョウゲンボウは断崖の岩棚や横穴、樹洞などで営巣するのだが、ビルや高架橋なども人の気配が希薄であれば違和感なく営巣するようだ。このあたりは同族のハヤブサでも同様の傾向があるようだ。都会のビル群を鳥の視点で眺めれば、断崖絶壁と変わりが無いのかもしれない。

f:id:Tpong:20190905222338j:plain

 この飛び出しシーン、当時使っていたカメラでよく撮れたものだ。オートフォーカスの追従など望むべくもないので、飛び出しコースを予測しての「置きピン」だったと思われる。機材が古い分だけ苦戦もするが、不肖ヒゲボウズの一眼レフデビューはオートフォーカスどころか自動露出さえ夢物語だった時代。それを思えば機材への不満など ・・・・ 

    ・・・・ 嘘です。やっぱり最新機種には惹かれまする。

 

- 撮影データ:Canon EOS 20D / Canon EF400mm F5.6L USM

チョウゲンボウ(長元坊) の過去記事を読む

コジュケイは寄るな来るなでチョットコイ

 利き腕の不調で鳥見から遠ざかっているので、例によってハードディスクを浚って画像を発掘。画像は初出だが、記事内容は過去にも触れたことが含まれている。ご容赦のほどを。

コジュケイ(小綬鶏)

【キジ目キジ科】

 本来の生息地は中国南部。日本にはペットもしくは狩猟用として100年前に移入されたのだが、我が神奈川県ではまったくの普通種。「チョットコイ」と聞こえる鳴き声も馴染み深く、もはや帰化種と知らない人も多いのではないだろうか。

f:id:Tpong:20190828214826j:plain

 上はオスの画像。脚部中程の後方に僅かに見える距(ケヅメ)がその根拠。距はニワトリなどキジ科のオスの特徴だが、本種のそれは小さくて見分け難いので、不肖ヒゲボウズなど撮影した画像をチェックして距を見つけるのが関の山。

f:id:Tpong:20190828214815j:plain

 このときも雌雄特定は事後処理中のPCモニターだったのだが、これまでに特定できた数組のペアを見る限り、全体にオスの方が柄にメリハリがあり首周辺のレンガ色も濃いように思える。向かって左がオスなのだが、お分かりいただけるだろうか。とは言えこの程度の差異は個体差と言われればそれまで。あくまでもヒゲボウズの私見であることをお断りしておく。

f:id:Tpong:20190828214821j:plain

 このシーンを見つけたときは巣穴かとも思ったのだが、コジュケイの巣は草むらの窪みに草などを敷いた形状のはず。様子を見ていると時折土埃が上がっていたので、沐浴(砂浴び)だったことが判明。入浴も一緒だなんて、どこまでも仲のよいカップルであることよ。

 

コジュケイ(小綬鶏) の過去記事を読む

- 撮影データ:Canon EOS 5D / Canon EF400mm F5.6L USM