明治の大義と令和の正気

記念艦「三笠」(HIJMS MIKASA)

 横須賀に「三笠」を訪ねてきた。
司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」を読んで以来、いつかはと思いつつ今日になってしまった。名目上は記念艦だが氷川丸のように浮いているわけではなく、陸上に固定された状態で横須賀市三笠公園の一角を占めている。

f:id:Tpong:20190814195856j:plain

 三笠を旗艦とした連合艦隊がロシアのバルチック艦隊*1と交戦し勝利したのは1905年(明治38年)。この日本海海戦は日本の海軍史上で最も輝かしい成果だが、国家の枠を超え海外の海軍関係者が研究し賞賛する海戦でもあるようだ。

 不肖ヒゲボウズは1980年代の南米チリで、当地の大学生たちから日本海海戦について熱く語られたことがある。のみならずかの国で最も名の知れた日本人が東郷平八郎*2だという事実に驚いたことを覚えている。

 第二次世界大戦の敗戦後、荒廃した記念艦三笠を救い再建するきっかけはむしろ英米側だったそうだ。敗戦直後の状況を考えると意外にも思えるが、それだけこの艦が世界史に名を留めているということなのだろう。建造したのが英国だということも大きいとは思うが。*3

f:id:Tpong:20190814195901j:plain

 記念艦「三笠」は日露戦争に特化した博物館でもある。「坂の上の雲」読者としては随所に明治という時代の輝きが見て取れる。なによりもその後に続く凶暴なだけの戦争とは異なる「余裕」や「文化」を感じるのが面白かった。暑かったけど・・・・ 

- 撮影データ:Canon EOS 6D Mark II / Canon EF 17-40mm F4L USM

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

 

 

  出来うるなら、某隣国の皆さんにはロシアの脅威にさらされた近代アジア史を脚色フィルター無しに知ってほしいものだ。そのときのお国の事情を知れば違った事実も見えてくるのだが、国家的歪曲の前には無力だなぁ。

 

 記念艦「三笠」公式サイト>http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

 

 ガングリオンってSFアニメじゃないよ

  一年ほど前から左足親指付け根が膨らみ、本人のみならず外反母趾と思い込んでいた。右腕の痺れ治療に通う整形外科で見てもらったところガングリオン(ジェル状の物質の詰まった腫瘤)と判明。注射器で吸い出してあっという間に処置完了。針を刺すときは痛かったけど、こんなことなら早く受診すべきだった。女性に多いらしが、男とて珍しくは無い症例だそうな。

 このところ身体の故障が相次いでいるので、ある意味久しぶりの朗報だった。

*1:ロシア第二・第三太平洋艦隊の日本側呼称 旅順港に封じられた太平洋艦隊を増援するため編成された

*2:日露戦争当時の連合艦隊司令長官

*3:造艦技術が発達途上のこの時代、主力艦クラスの建造はイギリスなど造船先進国に頼っていた

八月八日夕景

夕景と習い性

 フロントグラスに展開した光景に気を取られ、駐車スペース探しも気ぜわしく駆け込みの一枚。数分ほどタイミングを逸した感もあるが、さすがに路駐は憚られたので致し方ない。

 撮り終えてみればだからどうしたという類いの夕景。若かった自分なら足を止めさえしなかったかも。こんな日常の風景が気にかかることこそ「老いの一歩」なのかもしれない。

f:id:Tpong:20190808220212j:plain

 作業着ままの仕事復路。業務記録用に持ち歩いているコンパクトデジカメでパチリ。胸ポケットのiPhoneでもかまわないのだが、あくまでも「カメラ」に拘ってしまうところが長年の「性」なのだろう。我がことながらおかしみを覚える。

ウミネコはカメラ目線

ウミネコ(海猫)

 【チドリ目カモメ科】

 せっかくの日曜日だが猛暑に挫け、休日診療の通院以外は溜まった録画を見て過ごしてしまった。とはいえフォトブログを自認する以上は写真がないのも寂しものだ。ハードディスクを浚って数年前に種差海岸で撮影した画像を蔵出し&天日干し。

f:id:Tpong:20190804220040j:plain

 どうと言うことはないウミネコの写真だが、実は望遠レンズではなくワイド系ズームレンズを用いている。データを見ると撮影時の焦点距離は25mmなので画角はフルサイズ(35mm)換算で40mm相当の準広角。通常の野鳥撮影では考えられないほど種差海岸のロケーションを写し込むことが出来た。さすがはウミネコの繁殖地「蕪島」からほど近いだけのことはあり、人慣れしたものだ。

f:id:Tpong:20190804220105j:plain

 こちらは幼鳥。まだ親鳥に頼っている段階だったが、人が近づくと逃げてしまう。必然的に鳥撮常用としている望遠レンズの出番となった。被写界深度の極端な違いが面白い。

 現場を見たわけではないけれどおそらく餌付けする人がいるのだろう。幼鳥より警戒心の薄い成鳥に違和感を禁じ得ないというのが撮り手の本音。そのうち湘南のトビのように観光客のハンバーガーを掻っ払うウミネコが現れるかもしれない。そうなったとき、真の加害者は興味本位で餌を与えた人間ということになる。

- 撮影データ<上>:Canon EOS 7D / Canon EF17-40mm F4L USM
- 撮影データ<下>:Canon EOS 7D / Canon EF400mm F5.6L USM

f:id:Tpong:20190804220203j:plain

 さてオマケ。家族が伏写するヒゲボウズを写メっていた。いくら人慣れしていたとは言え、この姿勢で匍匐前進したのは絵面を見ればバレバレ。格好悪いったらないなぁ。

ウミネコ(海猫)の過去記事を読む

二割も巣立てばたいしたものだ

 長く生きていれば多少の故障はあたりまえ。かくいうヒゲボウズもその一人。なのだが、またひとつ故障が加わった。ここしばらく利き腕の痺れに悩まされている。

 重い腰を上げ受診し、症名も治療法(というかつき合い方)も判ったのだが、腕力と指先の反射神経を駆使する飛翔撮影などへの影響は免れまい。幸い今のところ仕事への影響は深刻ではないし、鳥見鳥撮りは趣味道楽。深刻ぶらず、出来ることを為すまでと割り切ろう。

カルガモ(軽鴨)親子

【カモ目カモ科】

 今日の写真はカルガモ♀成鳥と2羽の幼鳥なのだが、おそらくは5月初頭に出会ったカルガモ親子のその後ではないかと考えている。(当時のヒナは10羽) 

 カルガモといえばヒナを連れての引越が有名だが、写真の家族はコンクリート護岸された川に住む為、飛べないヒナを連れた移動が川の上・下流に限定されてる。さらに餌を与える人がいるらしく、特に6月からは同一箇所に居着いていることなどがその理由。

 言うまでもなく根拠としては合理性に欠けているし、希望的という誹りは免れない。まぁどこまでいっても仮定の話として読まれたし。

f:id:Tpong:20190728195020j:plain

 毎週末の観察で、特に五月半ばからの4~5週間はだんだん数を減じていくヒナに全滅さえ予想していた。が、幸いなことに6月末からは2羽が欠けずに至っている。ここまで来たらこのまま飛べるようになってほしいものだ。自然界の繁殖で2割が巣立てばたいしたものだろう。

 

 さて、余談だが、先々週にアップした親を失ったヒナのその後。 

 先週末と今日、遭遇箇所の上・下流約1キロを探してみたが逢うことは出来なかった。見落とした可能性もあるけれど、親がいてさえ全滅も珍しくないのが現状。街の片隅とは言えど、野生の世界は厳しいものだと実感する。

 

- 撮影データ<上>:Canon EOS 7D / Canon EF400mm F5.6L USM

カルガモ(軽鴨)の過去記事を読む

我が家の庭にインベーダー

ガビチョウ(画眉鳥)特定外来生物

 【スズメ目ヒタキ科】*1

 参院選の投票やら他の雑用やらでグダグダ過ごしていたのだが、庭外がやけにかしましい。カーテンの隙間から覗いてみると生け垣でガビチョウがさえずっている。取るものもとりあえず、ガラス窓越しに撮ってみた。

f:id:Tpong:20190721201723j:plain

 我が神奈川県では珍しくないどころか普通種といいたくなるほどの繁栄ぶりで、ややもすると外来種だということを忘れそうな勢いだ。もちろん我が猫額庭に現れたのは初めてではない。これまでも生け垣の中を伝って移動しているところを幾度か見かけていたのだが、これほど目立つ場所で全身を晒す状況は初めて見た。ここのところ電線や梢でさえずる彼らに遭遇することが多々ある。つまりそれだけ環境に馴染み行動が大胆になったということなのだろう。

 ガビチョウに罪はないけれど、ここに居てはいけない存在だからこその特定外来生物指定。在来種を守る為にも何らかの対策が必要なのだが、無い頭をどう傾けても妙案など浮かばない。

 庭先の侵入者にもどかしさを禁じ得ない日曜日となってしまった。

 

- 撮影データ:Canon EOS 7D / Canon EF400mm F5.6L USM

ガビチョウ(画眉鳥) の過去記事を読む

*1:以前はチメドリ科とされていた。遡って修正済み。

みなしごの健気に感情移入

カルガモ(軽鴨)ヒナ

 【カモ目カモ科】

 2羽の存在に気付いたのは先週末。流れが緩い辺りには数組のカルガモがいて、2羽のヒナが近づくと追い払う。やむなく流れの急な辺りで餌を探すのだが、観察中とうとう親鳥は現れなかった。

f:id:Tpong:20190715162253j:plain

 そして8日後の今日、同じ場所に2羽のヒナがいた。もちろん確証はないけれど、おそらくあの2羽なのだろう(と思いたい)。

f:id:Tpong:20190715162258j:plain

 相変わらず親らしきカモは見当たらない。はぐれたのか、はたまた親ガモが命を落としたのか。危険から守ってくれたり知らせてくれる存在を失ったヒナたちが今日まで生き延びたのは奇跡に等しいのではなかろうか。やはりと言うべきか、通常ヒナの一週間はもっと成長しているものだが、この2羽は成長が少々遅め。親のいないハンディなのだろう。

 だめだなぁ、冷静な観察眼を保ちたいと思っていても、感情移入が止まらない。

 

- 撮影データ<上>:Canon EOS 7D / Canon EF400mm F5.6L USM

- 撮影データ<下>:Canon PowerShot G9 X Mark II / Kowa TSN-824M + TSE-14WE(32x)

カルガモ(軽鴨)の過去記事を読む

太陽は何処に在りや

ツバメ(燕)幼鳥

【スズメ目ツバメ科】

 唯一休める日曜日はことごとく雨また雨。鳥見も当然ままならない。
というわけでまたもやツバメの飛翔だが、毎度似たようなカットが続いてしまう。撮り手としては試行錯誤の過程だし、細部の描写という点では会心なのだが・・・・

f:id:Tpong:20190713215239j:plain

 獲物となる虫を見つけたのだろうか、急制動の後上昇に転じた。

 どこかで見たシルエットだと思ったのだが、思い出したのは映画「アバター」の翼竜トゥルークだった。そういえば翼と尾羽を全開にした姿はどこか猛禽類にも通じるものがある。考えてみれば獲物が小さな虫というだけで、ツバメも立派なプレデター(捕食者)だもの。

f:id:Tpong:20190713215245j:plain

 若いツバメとはいえ直線飛行はかなりの速度。1/4000秒のシャッターで止めることは出来たけど、背景の描写にスピード感が皆無。

 空ではなく地上を背景に飛翔シーンを撮るという目標はある程度クリアできたので、次の課題は低速シャッターでの流し撮りかな・・・・って、自分でハードル上げてどうするヒゲボウズ。

- 撮影データ:Canon EOS 7D / Canon EF400mm F5.6L USM

ツバメ(燕) の過去記事を読む

タグ「飛翔」 - 撮鳥見鳥 fotolife

 

6/30の記事はオシドリのエクリプスと判明したので訂正しました。
山階鳥類研究所の平岡様、ご教示ありがとうございました。

www.yamashina.or.jp