雨の納車

FITからよりFITへ

 5年乗ったHonda FITはシリーズ三代目(ハイブリッドとしては二代目)。

 発売直後から相次いだリコールが終息したと思われたタイミングで購入したのだが、走行中にエンジンとモーターが沈黙する事例を二回経験してしまった。原因が特定できず、ECU交換などの対処療法を経てここ最近は平穏。とは言え昨年もハイブリッドシステムに関する無償修理があったし、以前のトラブルも原因が不明で不安を払拭できないまま今に至っている。さらに極太Aピラーの関係で運転視界が今ひとつな事もあり、2回目の車検を前に買い換えを決断。

f:id:Tpong:20200329001031j:plain

 ECU交換後の通算で実燃費19km/Lはハイブリッドとして今ひとつかもしれないが、東北への旅でマークした3人乗車で無給油1000キロ越え(27km/L)はちょっとした感動だった。走行軌跡も本州の両端、青森県山口県まで刻むことができた。

 当初の「売り」でもあったデュアルクラッチトランスミッションを用いたハイブリッドシステムi-DCDは低速域でのギクシャク感こそあるものの加速フィールがなかなか心地良い。例のトラブルさえなければ悪いシステムではなかった。

f:id:Tpong:20200329062531j:plain

 さて世代交代。

 5週間ほど待たされたニューカーマは発売間もない新型FIT。鳥見行での未舗装路対策で最低地上高が30mm高いCROSSTARを選んだ。前モデルの弱点だった視界と乗り心地が大幅に改善されており、試乗即決してしまった。刷新されたハイブリッドシステムは2モーターi-MMD(e:HEV)方式なので、上位車種でこなれたシステムの筈。小ぶりなFITのシャーシに搭載するについてはかなりの苦労があったらしいが、先代FITがリコールを連発したi-DCDのテツは踏まないと信じたい。

 コロナ禍で一度は延びた納車日程だが、フォグライトなど一部オプション装備が未装着で予定通りの納車となった。中国で生産しているそれらのパーツは納期の目処は立たないままだが、影響の大きいグレードによっては納車未定とも聞く。ヒゲボウズがチョイスしたグレードも現時点で納車数ヶ月だそうだ。新車に浮かれるご時世ではないし、僅差の発注で車検期限に間に合っただけでも幸運と思わねば。