原発停止のこと

 今日、国内全ての原発が止まる。メディアの論調や目に入る限りのネットでの意見も大勢は原発停止歓迎のようだ。かく言う自分も総論としての脱原発には賛成する立場。原発問題だけを考えるなら諸手を挙げて賛成したくなる。

 だが、事を急ぎすぎている気がしてもいる。原発は停止しても即安全安心とは行かない代物。使用済み燃料棒の冷却やらなにやらで、結局のところ数十年を要すのは廃炉の宿命なのだろう。決して明日が安全ではないのだ。だとすれば、同じリスクと向かい合いつつ、代替エネルギーとの転換状況を見据えながら停止炉(廃炉)を増やしていく道はないのだろうか。

 代替発電手段についてメディアの論調は偏っていないだろうか。供給力の切り札となる火力発電は有限な化石エネルギーに頼っているので中東など国際情勢に左右されっぱなしだし、話題のシェルガスだって輸入依存なのが現実だ。しかもあれだけ賑わしたCO2排出問題は何故かなりを潜めている。水力発電もつい最近まで脱ダムを声高に語っていなかったろうか。再生可能エネルギーとして脚光を浴びている風力や太陽光発電が天候に左右されること。風力発電のブレードによる被害、貴重な猛禽類などの衝突死が頻発していることや、風切り音による近隣騒音はなかなか取り上げられない。この国の自然環境に合っている地熱発電も、景勝地の景観を損ねることは避けて通れない。そう、代替エネルギーでも失う何かがあるのだ。

 仮に計画停電が実施されたとして、一般家庭が何とかそれに順応することは昨年の震災後、関東での実施実績である程度証明された。だが国の基盤を支える工業生産は電気代の高騰で失なう国際競争力を、操業短縮による生産低下でますます加速させてしまうだろう。只でさえ不況に喘いでいるこの時期に、である。被災地復興の財源も再生可能エネルギーへの転換コストも、国家の財政が破綻しては何も出来なくなるのが道理なのだ。

 もちろん必要は技術を加速する。代替エネルギーの抱えている諸問題にも解決の道はあるだろう。だからこそ、例えば3年5年と期限を決めて脱原発を進めることには賛成票を投じよう。だが、ろくに準備の整わない今日の原発停止に諸手を挙げて賛成する気にはなれないでいる。

 繰り返すが脱原発に異存はない。と同時に「急いては事をし損じる」ことにならないよう念じて止まない。