1000万年前の鳥の化石

[リマ 27日 ロイター]
 ペルーで発掘作業を行っていた古生物学者が27日、1000万年前に生息していた鳥の化石を発見したと報告した。
 見つかった化石は、鳥の頭部のもの。同国の南部沿岸にある砂漠地帯、イカ地方のオクカヘで見つかった。
 ペルーの自然史博物館の古生物学者、マリオ・ウルビーナ氏によると、見つかった化石の鳥は、長さ6メートルの翼を持ち、主に太平洋の魚を食べていた。もともと5000万年前に出現し、気候変動によって、約250万年前に絶滅したという。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-36745220090301

いやはやでかいなぁ。情報が少なすぎるけど、浮かんでくるイメージは鳥よりもむしろプテラノドンなど翼竜のそれか。