知られざる南硫黄島(NHK サイエンスZERO)

南硫黄島は東京から南に1300キロ、昨年来話題となった硫黄島よりさらに60キロほど南に位置し、文字通りの絶海の孤島。人の影響を受けていない自然環境を維持する学術的には極めて貴重な島です。そんな南硫黄島で25年ぶりの本格的な学術調査が行われ、番組の中でも昼日中に飛び回るオガサワラオオコウモリや新種のカタツムリなど、貴重な記録映像が満載でした。鳥好きにとっては堪らない海鳥類やオガサワラカワラヒワの映像もあり、過酷にして垂涎の環境であることを見せつけられました。