鳶(トビ)

下の「今日の鳥」から派生したさえずりとはおおよそかけ離れたピーヒョロロのトビです。どんなにありふれていようがワシタカ目の一員。といっても大はオオワシから小はツミやコチョウゲンボウまで、日本中のワシタカをかき集めたら、99%はトビのような気もします。
右上のカットは3月末の城ヶ島、営巣中のペア。まわりにワンサといるカモメやウミウを尻目に巣材を集めていました。

海岸付近にはあれほどいるトビも、海から15キロ内陸の我が家周辺では滅多に見かけません。目撃頻度はオオタカ*1チョウゲンボウの方が多いかも。たまに上空に現れてもすみやかにカラス戦闘小隊の迎撃を受け退散していきます。1対1でもカラスに追われるトビ。それでもやっぱり猛禽なんですよね(^_^メ)
<前後の「トビ」エントリーを読む>

*1:ハイタカだったりして