西表島

西表島沖縄本島に次ぐ大きな島ですが、人口はわずか約2,000人。
九割を亜熱帯の原生林が占め、空港はおろか全周道路もありません。
大量の雨を集める標高400メートル級の山々に端を発する幾筋もの川が、
河口付近に広大なマングローブ林を形成し多様で珍しい動植物を育んできました。

↑ 浦内川の中流域、マングローブ林が途切れた辺りの川岸。これが日本の風景か。

イシガケチョウ

琉球諸島だけでなく西日本に広く分布する蝶ですが、南関東ではお目にかかることが出来ません。
八重山では通年見られるのですが、今回の旅行ではこのとき一回だけの遭遇でした。

今宵の月(月齢13.796)18:20

煌々とした14番目の月ですが、如何せん大気の状態が悪すぎです。
大気の揺らぎで月の輪郭がジャガイモのように凸凹になってしまいました。

  • 撮影データ
    • EOS20D・EF400mmF5.6L+ExtenderEF2XII(合成値f=800mmF11)
    • ISO100・F11(開放)・1/160sec・WB=BW化
    • RAW現像・アンシャープマスク・ノイズリダクション・トリミング(1950x1300)・回転調整・リサイズ

昨日とは一転し冷たい風の一日。ウメの蕾はまだまだ堅そうですがモズは早くもペアリングの真っ最中。