バードストライク

離発着体勢の航空機に鳥が衝突する事象をバードストライク(Bird Strike)と言います。重さ数キロの鳥でも相対速度が200〜350km/hで衝突するわけですから、コックピット周辺に当たるとガラスを突き破ってパイロットにダメージを与える可能性さえあるし、ましてエンジンに吸い込まれでもしたら、エンジンストールを起こして急激に推力が失われてしまいます。*1いずれにしても離着陸中という航空機がもっとも不安定な段階で起こる可能性が高い*2ので、鳥の多い空港では大きな音や花火などの聴覚視覚効果で追い払う工夫が成されています。


写真は成田へのファイナルアプローチ中の航空機(AirDo B767-400)とトビ。実際には相当な高度差があります。

*1:大事に至らないバードストライクは国内だけで年間数百件

*2:海外では幾度か事故が起こっている

大鷺(ダイサギ)&小鷺(コサギ)

違う種類と承知していても、遠目には親子に見えてしようがありません。
お互い争うでもなく、群れるでもなく、たまたま同じ方向に進んでいただけなんです。

<前後の「ダイサギ」エントリーを読む> <前後の「コサギ」エントリーを読む>

ギャッ! 明日は曇りという予報を信じて娘と映画を約束しちゃったけど、いつの間にか晴れマークに変わってる。